働き方

「金儲けに対するブロックをはずせ!」それ「人間やめろ!」ということですが?

人間はその種としての発生から何十万年もの間、互いに助け合って生きてきた。 そうした相互扶助の根底にあったのは、お互い様という互酬原理である。それは共同体の成員のあいだに網の目のように張り巡らされた複雑な負債のネットワークにもとづくある...
マネーシステム

納税の義務の裏に隠されたカラクリ

ーーそもそもなぜ王国は臣民たちに納税を強いたのか?これはあまり問われることのない問いである。一見したところ答えは自明にみえるからだ。政府が税を要求するのは民衆の金銭を手に入れたいからに決まっている。だがもしアダム・スミスが正しければ、そして...
ベーシックインカム

市場原理か原始共産制か? 現代社会の分配原理とベーシックインカム

デヴィッド・グレーバーの『負債論 貨幣と暴力の5000年』の中に興味深い記述があった。 イロコイ諸部族連邦の主要な経済制度がロングハウスであって、そこに物財のほとんどが貯蔵されては女性たちの評議会がそれらを分配しているーー。 これは...
マネーシステム

借金ーーモラルで粉飾された暴力

借りたものは返さなければならないー。これはその通りである。しかしそれはあくまで道徳上でのことである。少なくともそれは経済的取引にまで当てはめるべきではない。なぜなら仮にすべての借金ーすなわち投資ーが必ず返済(回収)されることが保証されている...
働き方

会社員は現代の奴隷である

こういうと反発する人もいるかもしれないが、かつて世界を席巻した植民地主義というのは、ビジネスのひとつのスタイルであった。 それはライバル会社に資源を奪われないよう鉱山とその周辺の労働力を軍事力でもって独占するやりかたである。今でいう独占契約...
マネーシステム

新しい物々交換の時代が始まる

貨幣の害悪には様々あるが、なかでも最大のそれは経済活動を縛る足かせとなることだろう。貨幣制度の元では、いくら生産力があっても貨幣がないと生産が不可能になるという馬鹿げたことが生じるのだから‥。であれば貨幣を介さず、単純に生産物を社会全体で山...
ベーシックインカム

「御陰さま」思想とベーシックインカム

よくお金は苦労の対価であるといわれる。そうであれば、人一倍苦労をしている困窮者は人一倍お金がもらえて当然であろう。貧困なのは怠け者だからであると結論づけるのは短絡というものである。貧困というのはたんに怠け癖ばかりからくるものではない。貧困と...
ベーシックインカム

むしろ人はより活動的になる 人類学の知見が示すベーシックインカムがもたらす影響 

「食事をおごる」という行為をみてもわかるように、人は誰かに「贈与すること」で優位に立とうとするものだ。そして贈与された人は返礼をしない限り、その人に対して劣位に立つことになる。これはポトラッチの名でも知られる人類共通の互酬原理である。 ...
ベーシックインカム

マーケティング頭脳で解決できる!? ベーシックインカムの財源問題

ベーシックインカムの財源がないという。だが、そういう一方で、国民は今現在、どうにかこうにか生きているではないか? それは国民全員に分配するだけのお金がこの社会にはすでにあるということだ。 したがって問題はその「すでにそこにあるお金」をどうや...
マネーシステム

お金は生産を阻害する

生産物が増えれば社会はその分豊かになる。これは当然だ。 しかしそこにお金というものが介在すると妙なことになる。新しい生産物の量に比例してお金の量が増えないとその生産物が誰にも買えないという現象が起こるのだ。 さもなければデフレギャップが生じ...
タイトルとURLをコピーしました