ブログ主

未分類

儀式的消費(労働)としてのベーシックインカム

働かない人にも金を配るBIにそれほど抵抗があるならそれを儀式消費の一種とみなしたらどうか?  儀式消費とは会食に出席するなどの「非生産的な消費(同時に労働でもある)」のことである。 なんならBIの対価として受給者には九字を切るこ...
日本

竹林の一愚ツイッター全集 社会他編その1

竹林の一愚→ ●日本の歴史を見ると、そこにあるのは天皇制アナキズムとでもいうべき、西洋はもちろん中国にも見られないユニークな「自由」平等社会であった。そこから天皇という存在を取り払ってしまえばそれはたんなるアナーキイへと堕してしまう。...
ソーシャルビジネス

竹林の一愚ツイッター全集 労働・経済編その1

竹林の一愚ツイッターアカウント→ ●貧困とは社会的な病気である。貧困層にも満遍なく課税するというのは、動けない病人に対して布団から起きて働けというようなものである。幼い子供や病に伏せる祖父母に「食事代、家賃、世話代」を請求...
ベーシックインカム

竹林の一愚ツイッター全集 ベーシックインカム編その1

竹林の一愚ツイッターアカウント→ ●生産力の源泉が科学技術である以上、そして科学的知識が失われない限り、原則として生産力が低下することはありえない。その上ほとんどの労働がAIに置き換わる将来、人間の勤怠はもはや生産力を左右する要因では...
ベーシックインカム

AI時代においてもなお人々を労働に縛りつけようとしている人たちの正体

マルクスが唱えた労働価値説によれば、価値の源泉は人間の労働にあるという。しかしそうだとすれば、たとえばAIロボットが進歩して農業が完全自動化された暁には食料の価値はゼロになるのだろうか? 貨幣価値としてはそうかもしれない。誰でもただで手に入...
歴史問題

丸山真男神話の終焉

戦後を代表する政治学者の丸山真男は、戦前の日本が天壌無窮の天皇を中心とする無責任体制だったという理屈をこね上げることで一躍当代一の知識人の座を射止めた。 だが、そもそも責任というのは独立した個による自由意志を前提としているわけだが、近...
未分類

戦前の「非国民」、現代の「ネトウヨ」という全体主義的レッテル貼り

「ネトウヨ」というレッテル貼りが、戦前の「非国民」というレッテル貼りと変わらない全体主義的な弱者いじめであることに気づかない「やさしい左翼たち」 今は、あらゆる「常識」がすさまじい勢いで破壊され、ゴミ箱...
ソーシャルビジネス

志ある起業家へ、暗号通貨の次にいかが? 協同組合型仮想通貨システムBASIC

筆者は2000年代のはじめ、ある地方の町づくりプロジェクトにからんで、協同組合型地域通貨もしく財担保型地域通貨とでもいうべきBASICという地域通貨の仕組みを考案したことがあります。その詳細はこちらです。BASIC→ もし、今この...
ライフスタイル

ニートとボランティアの増加は形骸化した労働教への反動である

外敵と戦うこと、自然の脅威に立ち向かうため土木工事を敢行することー。そうした仲間のために命を張る行為は当然ながら共同体内部で高く評価されてきた。働くというのは本来共同体のために労働することを意味し、労働の美徳というのもそうした利他的な行為...
ベーシックインカム

「全員が働かないとこの社会は経済的に成り立たない」という迷信

BIは財政的に不可能だとのたまう人が今も後を絶たない。そういう人は全員がきっちりと働けばこの社会が財政的にうまく回るという前提でそう言っているのだろう。 しかし儲けの8割は2割の社員が生み出しているというよく知られた法則からもわかるように...
タイトルとURLをコピーしました