AI時代においてもなお人々を労働に縛りつけようとしている人たちの正体

マルクスが唱えた労働価値説によれば、価値の源泉は人間の労働にあるという。しかしそうだとすれば、たとえばAIロボットが進歩して農業が完全自動化された暁には食料の価値はゼロになるのだろうか? 貨幣価値としてはそうかもしれない。誰でもただで手に入れられる空気のような存在になるのだからーー。

しかしもしそうなったとして何か問題があるのだろうか? 食料がただで手に入れられるということは、食うためだけであれば、人々は働かなくても暮らしていけるということになる。そうであれば一般の人にとっては賛成こそすれ、反対する理由は何もないはずだ。

ただし、それでは困るといって反対する人たちがいる。これだけ生産力が高まった現代においてもなお人々を労働に縛りつけようと躍起になっている連中だ。

それは一体どんな連中なのか?

ここではこれ以上特定することはしないでおこう。代わりにそのような連中の頭の中に何があるのかだけ指摘しておく。それはひとつには古めかしいマルクス経済学だ。そしてもうひとつは労働者から搾取して溜め込んだ貨幣の価値を失うことへの恐怖である。

ここまで説明すればそれが一体どのような連中なのかはおおよそ察しがつくのではないだろうか。

 

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

2+

関連記事

  1. 桂春蝶発言から読み解く日本の貧困問題の特殊性

  2. 仕事へのやりがいが感じられない人がふえているのはなぜか? 

  3. 会社員は現代の奴隷である

  4. 貨幣の絶対王権を打ち倒せ

  5. ニートとボランティアの増加は形骸化した労働教への反動である

  6. 漫画で知るB2B型コミュニティ通貨BASIC。ビジネス現場での使い方と公共事業への応用

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。