新しい物々交換の時代が始まる

貨幣の害悪には様々あるが、なかでも最大のそれは経済活動を縛る足かせとなることだろう。貨幣制度の元では、いくら生産力があっても貨幣がないと生産が不可能になるという馬鹿げたことが生じるのだから‥。であれば貨幣を介さず、単純に生産物を社会全体で山分けして何が悪いのか?
悪平等になってしまい、生産へのモチベーションが上がらず経済が停滞してしまう?  であればきちんと貢献に応じて分配すればいいだけでは?  そうできなかったのは、この貢献に応じた分配ということがこれまでは貨幣を介してしか実現できなかったからではないのか? 
これは要するに技術的な問題にすぎないのではないか? であれば、貨幣を介さずそれが実現できれば貨幣など不要になってもよいのではないか。たとえばブロックチェーン技術によってもそれは可能になるだろう‥。新しい物々交換の時代が始まる。

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

1+

関連記事

  1. イタリアで二重通貨案が浮上 銀行通貨から国家通貨への転換を促す歴史的な一歩になるか

  2. 「金儲けに対するブロックをはずせ!」それ「人間やめろ!」ということですが?

  3. 志ある起業家へ、暗号通貨の次にいかが? 協同組合型仮想通貨システムBASIC

  4. 借金ーーモラルで粉飾された暴力

  5. 裁量労働制をめぐる内ゲバとその裏でほくそ笑む真の悪人たち

  6. ニートとボランティアの増加は形骸化した労働教への反動である