むしろ人はより活動的になる 人類学の知見が示すベーシックインカムがもたらす影響 

「食事をおごる」という行為をみてもわかるように、人は誰かに「贈与すること」で優位に立とうとするものだ。そして贈与された人は返礼をしない限り、その人に対して劣位に立つことになる。これはポトラッチの名でも知られる人類共通の互酬原理である。

ベーシックインカムもある意味、社会という他者からの贈与である。その贈与を受け取ったまま返礼をしないで平気でいられる人は少ないだろう。おそらく健全な精神を持つ人ならば、ほとんどの人が社会ーーもしくはその代わりとしての他者ーーに対して何らかの返礼をしようと自らを奮い立たせるはずだ。

したがってベーシックインカムが実施されると人は怠けるという懸念は杞憂である。むしろ人々はベーシックインカムという社会からの贈与に応えるためーーあるいはその負債を帳消しにするためーーよりいっそう働くことで社会に恩返しをしようとするはずだ。

といってももちろん、それは市場経済におけるお金を媒介とした「労働」という形態をとるとはかぎらない。なかには寝たきりの家族の世話をするといった非市場的な労働の形でそれをする人もいるだろう。あるいは隣近所に自ら作った野菜や手工芸品をただで配って歩く人もいるかもしれない。そして、そうした非市場的な活動もまたーーGDPには計上されないもののーー社会を確実に豊かにすることになるのだ。

 

 

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

0

関連記事

  1. 【悲報】インドでベーシックインカムが「不道徳」と批判される

  2. 会社員は現代の奴隷である

  3. 竹林の一愚ツイッター全集 社会他編その1

  4. 仕事とは何か? ベーシックインカムの真の価値はその意味を問わないと見えてこない

  5. 「全員が働かないとこの社会は経済的に成り立たない」という迷信

  6. 働くことは社会を破壊することである