ダグラス理論のアイディアメモ 「利子+利益」分はたしかに不足する

ダグラスのA+B理論(購買力不足理論)のアイディアメモです。

説明からはBの内訳がいまいちわかりにくいんだけど、少なくとも利子+利益の部分はたしかに不足するよなあ。

もっとも利益は完全均衡状態ではゼロだろうけど。でも貨幣的には競争の結果そうなる(生産縮小)としても純粋な生産力という観点からいえばなにもゼロにする必然性はないわけで(それだけ生産できるんなら、つまりそれだけ豊かになれるんなら、なにもそうケチることはないわけで、ええい、もってけドロボーでもいいわけだし)。

だとするとやはり利子+利益の分だけ毎年購買力が不足することになるな。

この場合、利益の割合をおおざっぱに3割と見積もるとGDPの3割は毎年購買力が不足するということになる。だからその分、国が毎年国民に配当金を支給し、購買力を底上げする必要がある。

という理解でいいのかな?

 

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

0

関連記事

  1. 竹林の一愚ツイッター全集 ベーシックインカム編その1

  2. 連邦債務を財源にしたベーシックインカムなら米経済は2.5兆ドル成長?

  3. 「ベーシックインカムは高齢者から始めよ」はありなのか?

  4. ベーシックインカムは社会の「余白」を作ること

  5. 桂春蝶発言から読み解く日本の貧困問題の特殊性

  6. よくあるベーシックインカム否定論に答える

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。