自死を選ぶ日本社会

病気になったら借金してでも病院にかかるのが通常の感覚であろう。そうしないのは生きるのを諦めた人だけだ。これは社会も同じである。予算がないから消防が出動しないとか、警察が動かないとかいうのは、それは共同体としての自死を意味する。

現代社会を動かす血液ともいうべきマネーも同じである。現在、その血液が不足している。マネーが一部に滞留し、社会全体に循環しない状態にある。しかし血液が足りないからといって身体が末端の毛細血管から心臓に逆流させようとするだろうか? もちろんそんなことはしない。身体には造血機能があり、養分さえあれば血液などいくらでも作れるのだから。

今の日本も同様である。金がない金がないといいながら末端の貧民から税金を絞り上げている。これは一体どういうことなんだ? これではもはや社会としての生存を諦めたようなものだろう。いや実際、今の日本はすでに病気の治療を諦め、自死の道を選択したのかもしれないーー。

 

 

 

 

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

0

関連記事

  1. AI時代においてもなお人々を労働に縛りつけようとしている人たちの正体

  2. 呪術師と対決し、アフリカでモバイル銀行を設立した日本人起業家の話

  3. ベーシックインカムは民主主義を破壊する!? ベーシックインカムをめぐる海外の議論

  4. 「民主主義の弱点」をついてくる反政府勢力

  5. 税とは何か? 公共サービスだけがなぜ税金で「生産」されるのか? 

  6. お金は生産を阻害する

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。