雑感

唯物論的世界観と生きる意味

物質としての肉体を認識するのは心である。したがって、そこには肉体と心というふたつの世界がある。哲学的にいえば、物質界と精神界である。 もし心というものがなければ、存在するのは物質界のみである。物質界は何の意味も持たない無機質な世界である。時...
未来

移民問題と八紘一宇

ヨーロッパに大挙して押し寄せる難民・・。それをきっかけに移民をめぐる議論が世界中で沸き起こっている。 なかでも注目されるのが、イスラム難民らが引き起こすさまざまなトラブルへの反発から、ヨーロッパにおいて極端な自民族優先を掲げたヒトラー...
ソーシャルビジネス

地方で起業家が育たない理由とは?

地域経済の衰退に歯止めがかからない。そうした流れに抗すべく自治体側も様々な手を打ってはいるものの、具体的な成果を挙げているところは一部の例外をのぞきほぼ皆無といってよい。全滅といってもよい状況だ。 一昔前、地方経済を活性化する魔法の杖...
経済システム

ダグラスの社会信用論 学習メモ

備忘録代わりにここにメモを置いておきます。 税というものの本質が、そして国民は税金を払うのが当たり前という「常識」が実はそうでなかったということが、この社会信用論を読み解くと見えてきます。 お金は本来、交換券システムであり、その価値あるい...
ベーシックインカム

ダグラスの社会信用論学習メモーー常識をひっくり返すいくつかの前提

今、C・H・ダグラスの社会信用論を調べている。なかなか面白そうな理論なのだが、難解すぎて私のへっぽこ頭脳ではどこまで理解が及ぶかは正直こころもとない。しかし、まあとりあえず努力だけはしてみようと思う。 ということで、以下、メモ代わりに思いつ...
経済システム

社会信用という新しい金融システムを発見した漂流者たちの物語

ベーシックインカムにからんでC・H・ダグラスの社会信用論を調べていたら、面白いページを発見しました。 無人島に流れ着いた漂流者たちの物語という形式で現在の銀行システムの欺瞞性を暴くととともに新しい金融システムのあり方を示した寓話です。 こ...
ソーシャルビジネス

起業で社会は変えられるのか?

最近、起業に関心をもつ若者が増えている。なぜなのか? 理由を尋ねると「社会を変えたいから」という答えがかなりの割合で返ってくる。どうやら彼ら、彼女らにとって起業というのは、この社会を変える手段のひとつでもあるようだ。 しかし企業活動、すな...
ライフスタイル

お見合いを復活させよ!

自由恋愛神話の終焉 結婚できない、あるいは結婚しない男女が増えているという。 多くの評論家は、その理由を不況など経済的な面に求めているようだが、私はそうは思わない。理由はおそらくもっと単純だ。問題の根底にあるのは自由恋愛である。...
ライフスタイル

男女平等は本当に男女平等なのか?

男と女の戦争―反フェミニズム入門 新品価格 ¥1,599から (2016/10/14 11:09時点) 「一人暮らしだけど、家事なんて楽勝だよね。家事がどれほどたいへんかを訴え、女...
ソーシャルビジネス

広告株券通貨プロジェクト試案

広告通貨に関するアイディアメモです。 そういえば以前紹介したOrbと似た仕組みかもしれませんね。ただしOrbの場合、貨幣発行者(=企業)が単数なのに対してこちらは複数であるという点に違いがあります。 信用力の高い複数の出資者による集団的な担...
タイトルとURLをコピーしました