雇用による分配が限界に来ている

資本主義はたしかに世界から貧困をなくしてきた。

しかし雇用による分配に頼ったそのやり方は限界にきている。

AIやロボットが雇用を奪いつつあるからだ。

しかもその速度はかつてのラッダイト運動の時のような緩慢なものではない。

雇用が減る速度はムーアの法則と同じ法則により指数関数的に上昇するが、雇用が増える速度は比例関数的にしか増えないからだ。

仮に新しい仕事が指数関数的に増えたとしても、それに応じるのが生身の人間である以上ーーつまりそこで必要な知識や技能を学び、身に付け、またその環境に順応しなければならない以上ーーそこには生物学的な限界がある。

AIとの競争には勝ち目はないのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です