限界費用ゼロ社会

galaxy-575239_960_720
限界費用ゼロ社会が近い将来到来するといわれている。
となれば、効率性追求が極限まで進行する現在、経済のバリューチェインに残された最後の「非効率性」は消費にあるのかもしれない。買い物に失敗することはあきらかに無駄を生み、経済全体の効率を損なうからだ。あたかもダイヤモンドででもあるかのように消費者を幻惑させ、ただのガラス玉をつかませることを商売の種にしてきた広告会社はいよいよ肩身が狭くなるだろう。

 しかし、だからこそ逆にそこに商機もあるはずだ。真っ先に考えられるのは購買支援ビジネスである。いままでのような販売支援あるいは販売代理というビジネスモデルではなく…。要は、消費の最大化ではなく消費の最適化を支援するという方向だ。
広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

0

関連記事

  1. 石貨型通貨の誕生か? あらゆるものがそこにあるだけで価値を持ち出す世界をつくるアプリ「CASH ( キャッシュ )」

  2. 「仮想通貨=666の獣」なる奇怪な説

  3. 借金ーーモラルで粉飾された暴力

  4. AI時代においてもなお人々を労働に縛りつけようとしている人たちの正体

  5. 志ある起業家へ、暗号通貨の次にいかが? 協同組合型仮想通貨システムBASIC

  6. 納税の義務の裏に隠されたカラクリ