日本

マネーシステム

自死を選ぶ日本社会

病気になったら借金してでも病院にかかるのが通常の感覚であろう。そうしないのは生きるのを諦めた人だけだ。これは社会も同じである。予算がないから消防が出動しないとか、警察が動かないとかいうのは、それは共同体としての自死を意味する。 現代社...
日本

竹林の一愚ツイッター全集 社会他編その1

竹林の一愚→ ●日本の歴史を見ると、そこにあるのは天皇制アナキズムとでもいうべき、西洋はもちろん中国にも見られないユニークな「自由」平等社会であった。そこから天皇という存在を取り払ってしまえばそれはたんなるアナーキイへと堕してしまう。...
日本

「民主主義の弱点」をついてくる反政府勢力

社会を運営する上で民主主義はたしかに優れた制度である。 しかしそれはあくまでも平時においてという但し書きがつく。それは十分な議論を尽くせるだけの時間的余裕のある平和な環境を前提としたものであり、そうした環境が担保されない時、すなわち戦争や...
ソーシャルビジネス

JASRACは現代の山賊である

こちらに面白い記事がありましたので一部転載の上、ご紹介させていただきます。いまや高収入の業界はこれと同様、何ら生産的なことをせず、なんやかや理屈をつけては地道に生産にいそしんでいる人たちから上前をはねるだけというところが多いように思います。...
日本

モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜エリート官僚の問いに答うるの文

『不安な個人、立ちすくむ国家〜モデル無き時代をどう前向きに生き抜くか〜』 平成29年5月 次官・若手プロジェクト 志しや良し。各論には異論もないことはないが、いまの日本社会に変革が必要であることは間違いないだろう。 「液状化する社会〜「...
ソーシャルビジネス

地方で起業家が育たない理由とは?

地域経済の衰退に歯止めがかからない。そうした流れに抗すべく自治体側も様々な手を打ってはいるものの、具体的な成果を挙げているところは一部の例外をのぞきほぼ皆無といってよい。全滅といってもよい状況だ。 一昔前、地方経済を活性化する魔法の杖...
日本

神社から生まれる日本型ベーシックインカム制度

先日、スイスの国民投票でベーシックインカムの導入が否決された。下馬評では可決されるという話もあったのだが、接戦の末、結局否決されてしまった。その背景には様々なものがあるのだろうが、いずれにせよ実現までにはまだまだ紆余曲折がありそうだ。 し...
日本

日本社会に対する侵略者としてのハロウインとTPP

ちょっと時期を逸した感があるが、ハロウインについて書いてみる。 日本人の多くがハロウインに違和感をもつのはなぜか。 結論からいえば、重力が強すぎるからである。 そもそも日本の幽霊や妖怪からは重力というものを感じない。日本の幽霊というのは...
タイトルとURLをコピーしました