マネーシステム

マネーシステム

貸し借りは友を失う?

「貸し借りは友を失う」という標語とともに貨幣経済は始まった。負債を将来に残さない現金による即時決済こそが友人関係を壊さない妙案というわけだ。 もっともである。しかしそれと同時に貨幣の使用は友情を結ぶことを不可能にもした。人と人とを結びつけ...
マネーシステム

日本人を奴隷として金融資本に売り渡す日本の役人たち

新大陸の征服者たちが原住民を搾取し、奴隷化したのは自らが借金漬けだったからだといわれる。そこにあったのはロンドンの投資家を起点に張り巡らされた世界的な負債のネットワークである。 こうしてみると、ヨーロッパ近代というのはつまるところ急速に積...
マネーシステム

ユダヤキリスト教にもとづく負債ー奴隷文明から世界を解放できるのは日本文明か?

世界の宗教的教えはすべて負債という観念を基盤としている。あなたは神に対して負債を負っている。その負債をこの世で返済しなければならない、というわけだ。それがカルマや原罪といった言葉の真の意味である。 ただし例外がひとつだけある。神道だ。日本...
マネーシステム

資本主義と宗教ーー負債観念の上に構築された搾取システム

金を貸してやるからこれで博打を打ってこい。勝ったら分け前を寄越せ。ただし負けても金は返してもらうぞ。これが資本主義の本質的な光景だ。そこにあるのは「働かざるもの食うべからず」というより「博打を打たないものは奴隷になるか、飢えて死ね」というメ...
マネーシステム

「仮想通貨=666の獣」なる奇怪な説

   
マネーシステム

納税の義務の裏に隠されたカラクリ

ーーそもそもなぜ王国は臣民たちに納税を強いたのか?これはあまり問われることのない問いである。一見したところ答えは自明にみえるからだ。政府が税を要求するのは民衆の金銭を手に入れたいからに決まっている。だがもしアダム・スミスが正しければ、そして...
マネーシステム

借金ーーモラルで粉飾された暴力

借りたものは返さなければならないー。これはその通りである。しかしそれはあくまで道徳上でのことである。少なくともそれは経済的取引にまで当てはめるべきではない。なぜなら仮にすべての借金ーすなわち投資ーが必ず返済(回収)されることが保証されている...
マネーシステム

新しい物々交換の時代が始まる

貨幣の害悪には様々あるが、なかでも最大のそれは経済活動を縛る足かせとなることだろう。貨幣制度の元では、いくら生産力があっても貨幣がないと生産が不可能になるという馬鹿げたことが生じるのだから‥。であれば貨幣を介さず、単純に生産物を社会全体で山...
マネーシステム

お金は生産を阻害する

生産物が増えれば社会はその分豊かになる。これは当然だ。 しかしそこにお金というものが介在すると妙なことになる。新しい生産物の量に比例してお金の量が増えないとその生産物が誰にも買えないという現象が起こるのだ。 さもなければデフレギャップが生じ...
ベーシックインカム

日本が独自の暗号通貨の発行を計画中!?

日本が独自の暗号通貨の発行を計画しているとの記事がロシアトゥディに掲載されていました。といってもやっぱりロシアトゥディというべきか、日本銀行ではなく、みずほ銀行の話でした‥。 しかし仮に中央銀行である日本銀行がソブリンマネーという形で暗号...
タイトルとURLをコピーしました