ベーシックインカムは社会の「余白」を作ること

ベーシックインカムそのものではないものの、それにからんで格好の話題を提供する記事がjbpressに載っていたのでご紹介する。
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/49984

 今の日本に必要なのは、これまでの「もっと頑張れ、そうでなければ世界から取り残される」と脅し、尻を叩き、余裕ひとつ残さず無休憩で頑張らせようとすることではなく、「もう十分頑張ってる。むしろ“少し頑張らない”余白を意識的に作り、力こぶの入れ所を考え直そう」と訴えることではないか。
「身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ」という言葉がある。溺れて慌てて暴れると、余計に溺れる。溺れた時はあえてジタバタせず、覚悟を決めて力を抜くと体が自然に浮かび、そのうち浅瀬に打ち上げられる、という、なかなか味わい深い言葉だ。

この余白こそがベーシックインカムの効用といえるだろう。

広告


もう書けないとは言わせない!
三行から組み立てる超ロジカル文章術

0

関連記事

  1. 社会を崩壊させる負債のブラックホール化を防ぐベーシックインカム

  2. フィンランドのベーシックインカム実験、開始4カ月後の変化 ストレスの軽減を報告する人も

  3. 仕事とは何か? ベーシックインカムの真の価値はその意味を問わないと見えてこない

  4. 日本でも始まったポスト資本主義社会を具現化する試み

  5. 日本が独自の暗号通貨の発行を計画中!?

  6. 市場原理か原始共産制か? 現代社会の分配原理とベーシックインカム