マーケティングをベースにこの世界を魔改造する「地球ハッキング」のヒントをお届けします。

*

手っ取り早く稼げる仕事をみつけよう

   

DL042

sponsored ads

自分で事業を起こそうというほどの人はそのための準備を怠らないのが普通である。すなわち、何年にもわたってノウハウを磨き、こつこつ資金を貯めたあと、「よし、これで大丈夫」という確信が十分得られてからおもむろに会社に辞表を提出するが一般的である。

ところが、最近、会社の倒産や肩たたきなどによる予期せぬ失業で、なんの事前準備もないまま起業する、というよりせざるをえない人が増えている。再就職先がみつからず、やむなく独立せざるをえないといったケースだ。

そのような状況に陥った場合、どうしたらよいのであろうか? まずはてっとりばやく稼げる仕事を見つけることである。

もちろんやりたい仕事がすぐに始められるのであればそれにこしたことはない。だが、いますぐそうするには資金面やノウハウ面などで準備不足というケースもあるだろう。そこでその準備もかねて、当面食いつないでいける仕事を探すことが重要になってくるのだ。

これを経営学などでは着手のドメインという。これは本来やりたい仕事の領域(意識のドメイン)に対応する概念である。

sponsored ads

さて、ではこの着手の段階においてはどんなビジネスをやればよいのか。といえば、本来やりたかった仕事と関係する仕事で、なおかつやりながらノウハウが身につくものであればもちろん理想的であろう。

しかしながら、そんなうまい仕事は現実にはなかなか見つからないものである。

もちろん、とにかくいますぐお金を稼ぎたいというのであれば、情報商材やFXという手もあろう。

だが、ご存知のように情報商材は、商品のみきわめがきわめて難しい。たしかになかにはすばらしい商材もあるのだが、その多くが看板に偽りありの詐欺的な商材であるため、自身が確信をもって売ることのできる本物の商材に出会うまでには、多くの無駄金を費やさなければならなくなってしまうのだ。

またFXは基本的にバクチのようなものであり、そのリスクはきわめて高い。下手をしたら起業の準備をするどころか、あっというまに自己破産に陥ってしまう可能性だってある。

それではいったいどうすればよいのか。

情報商材のような怪しげなものに手を染めたくない、あるいはFXのようなハイリスクはとりたくない、それでもなおなんとかして手っ取り早くお金を稼ぎたいというのであれば、いくつかおすすめはある。

クラウドワーキングやアフリエイト、ドロップシッピング、まとめサイト、ネットショップなどだ。

次回は、それぞれについてさらに詳しくみてみよう。

sponsored ads

 - 働き方, 副業, 起業