この世界をよりよいものへと魔改造する「地球ハッキング」のヒントをお届けします。

シェアから始める田舎暮らし

   

pak13_inakanotanbo20130812-thumb-autox1000-16947-1

sponsored ads

シェアリング時代の新しいサービスが登場しました。なんとシェアするのは、田舎暮らしという体験そのもの! その名も田舎シェアリングドットコム。

たしかにいきなり見ず知らずの田舎に家を買って移住するというのは、そう簡単にできるものではないですし、また現実的でもありません。

そうしたいわば田舎暮らしビギナーが、最初の一歩を踏み出すきっかけの場となるために作られたのが、この田舎シェアリングドットコムだということです。

なかなか面白そうな試みだと思いましたので、紹介させていただきます。

======以下、転載==========

「いつかは豊かな自然の中で、田舎暮らしがしたい。」

「自分の畑や田んぼを持って、作物を育てたい。」

「子供を大自然の中で、のびのびと育てたい。」

いま、田舎暮らしのニーズが日に日に高まってきています。

sponsored ads

上記のように田舎に対する純粋なあこがれもあれば、田舎の埋もれた資源を掘り起こして新規ビジネスに取り組みたいとか、新しいコミュニティを作りながら地域おこしにまい進したいといった想いを持つ人もいたり、人それぞれスタイルは違えど、田舎に対して、大きな可能性を感じる人は、昨今ますます増えてきています。

しかし、「実際に田舎と関係を作る」には、どうすればいいのか。その方法がわからずに、躊躇している人が多いのもまた事実です。

ましてや、都心に比べれば安いとはいえ、いきなり田舎に家を買ったり、土地を買うなんてことは、すぐにできるものでもないです。

そして、肝心の収入を得るための仕事は、実際どうするのか。

切実な悩みです。

そんな田舎暮らしの夢を持つ人々のためにできたのが、この「田舎シェアリング」という新しい仕組みです。

いわば田舎暮らしを「所有する」のではなく、まずは田舎暮らしを「シェアする」ことからはじめる。

田舎暮らしビギナーが、その最初の一歩を踏み出すきっかけの場となるために作られた「新しいシェアリング・プラットフォーム」です。

田舎暮らしは、旅行とは違う、生活の営みです。

生活の営みを得るには、そこですでに生活している人たち、コミュニティとの関わりを持つことが不可欠です。

そして、コミュニティとの関わりを持つための方法の一つとして、そこでの「暮らしをシェアする」メンバーとして、「まずそこに参加してみる」ことが、非常に有効なのではないかと考えています。

続きはこちら→

sponsored ads

 - ソーシャルビジネス, 田舎暮らし