この世界をよりよいものへと魔改造する「地球ハッキング」のヒントをお届けします。

ブロックチェーンの仕組みとその可能性

   

bitcoin-503581_640

広告

ブロックチェーン技術のわかりやすい解説

ブロックチェーンなるものが話題を集めています。これはビットコインの中核となる技術ですが、私をふくめ、いまひとつわかりにくいという方もいらっしゃっるはず。それをわかりやすく説明した記事が野村総合研究所のサイトにありましたのでご紹介します。

 

ブロックチェーンの仕組みとその可能性

ビットコインなどの暗号通貨の要素技術であるブロックチェーンは、欧米を中心とした多くの金融機関から新たな取引インフラとして注目されている。また、金融分野にとどまらず、広範な取引・契約管理インフラとしての試みも始まっている。

ブロックチェーンとは

ブロックチェーンはビットコインなどの分散型暗号通貨を支えるコアの技術である。その名の通り「取引の記録」をまとめた「ブロック」を「チェーン(鎖)」のように順次追加していく仕組みである。このブロックチェーンは「取引のすべてを記録した公開取引簿の作成・維持」を、低コストかつ金融機関や取引所といった中央集権的な機関を用いずにネットワーク上で実現するための極めて巧妙なアイディアだ。
ブロックチェーンを構成するそれぞれの「ブロック」は、「そのブロックと一つ前のブロックに関する情報」を含む【ヘッダ】と、「ある時間内に行われたすべての取引のリスト」を記録した【トランザクション】という二つのパーツで構成されている。ブロックチェーンの仕組みを、ビットコインを例にして簡単に説明してみたい。

広告

続きは元記事でお読みください→

 

 

元記事によると、ビットコインの価値を担保しているのは「ノンス」と呼ばれる特定の数列です。このノンスは、新しいブロックチェーンを作るうえで欠かせない重要な要素ですが、かといってそれ自体が人類や地球に対して直接なんらかの利益をもたらすものではありません。またそれを算出する作業も純粋に数学的なそれでしかありません。

つまり、その「ノンス」がいくら増えようと、それがそのまま人類の幸せにつながるというものではないということです。思えば、そのような人類にとって何の価値もないものが、「通貨」の価値を裏付ける担保になっているというのはなんとも奇妙な話です。

もっとも現在の貨幣にしても、事実上、何の裏付けもないただの紙切れなわけですから、似たり寄ったりだともいえるのかもしれませんが…。あるいは、そうしたお金の本質的な欺瞞性を暴きだしてくれているだけでも、それはそれでひとつの価値といえるのかもしれません。

広告
アースハック ツイッターでもつぶやいてます

 - 未来, 経済システム ,