アースハック

行き詰まったこの世界のOS(オペレーティングシステム)を刷新する道を探ります

日本が独自の暗号通貨の発行を計画中!?

time 2017/09/29

広告

 
日本が独自の暗号通貨の発行を計画しているとの記事がロシアトゥディに掲載されていました。といってもやっぱりロシアトゥディというべきか、日本銀行ではなく、みずほ銀行の話でした‥。
しかし仮に中央銀行である日本銀行がソブリンマネーという形で暗号通貨を発行したとしたらこれはたしかに画期的なニュースですね。ソブリンマネーをベースにした、税金に頼らないベーシックインカムへの可能性が開けるのですから‥。
 
以下、記事を翻訳してみました。

日本は独自の暗号侵害を開始し、現金を殺すことを検討している

Japan considers killing cash by launching own cryptocurrency
https://www.rt.com/business/404771-japan-digital-currency-cash/
日本の当局は、Jコインと呼ばれるデジタル通貨の開始を検討している。それは国内の現金流通を減らすだろう。
みずほフィナンシャルグループの広報担当者は、「プロジェクトは初期段階にあり、他の機関との勉強会を開いたばかりだ」とCNBCに語った。
「これは日本円にペッグされ、うまくいけば携帯電話アプリを通じた支払いや送金に使われるだろう」と銀行の関係者が語る。
Financial Timesのレポートによると、日本の銀行コンソーシアムがこのプロジェクトに取り組んでおり、2020年に東京オリンピックの前にJ-Coinをスタートさせたいとしている。
このプロジェクトは中央銀行と規制当局の支援を受けている。Jコインは、日本の消費者がスマートフォンで商品やサービスを支払うことを可能にするだろう。
政府の目標は、日本におけるすべての取引の70%を占める現金への依存を減らすことにある。Jコインは、円と1対1で交換される。
プロジェクトの背景にあるのは、アップルやアリババのような国際的に影響力のある電子決済サービスへの対抗である。
日本は暗号通貨を法的支払い手段として認めた最初の国の一つだ。4月1日付で法案を成立させ、デジタル通貨を一種のプリペイド決済手段と分類した。

広告
広告
0

マーケティング